The Merry Quilters merryquilt.exblog.jp

千葉県柏市と新潟県十日町市にあるパッチワークキルト教室The Merry Quilters のいろいろを載せています! 


by The Merry Quilters
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
パターンレッスン 「テネシーサークル」その2

ちょっと派手目の配色にしました(⌒-⌒; )
d0212991_21275347.jpeg

縫い方はどちらでもだいじょうぶです。
d0212991_22151035.jpeg


作業はまとめて。
今回は6本の縫い針に60センチくらいのキルト糸を通しておきました。
d0212991_21294312.jpeg


まち針もまとめて打ちます。
d0212991_21304911.jpeg

最初と最後返し針をして
端から端まで縫います。
d0212991_21323865.jpeg

コロコロオープナーで縫い代を折ります。
きせがかからないように注意!
d0212991_21354976.jpeg


開いて整えます。
d0212991_21364675.jpeg

コロコロオープナーをかけるのもまとめて。
d0212991_21375785.jpeg
ひとつひとつ丁寧に。
d0212991_21425782.jpeg


d0212991_21393255.jpeg

d0212991_21412162.jpeg

針は両はしを打ってから合印をとめる。
d0212991_21454379.jpeg

その間間をとめる。
d0212991_21463633.jpeg

最初と最後返し針をして
端から端まで縫う。
d0212991_21491229.jpeg

d0212991_21512765.jpeg

d0212991_21523401.jpeg


d0212991_21534182.jpeg

布が重なるところでは必ず返し針を。
d0212991_21544244.jpeg

d0212991_21570793.jpeg

1番上の写真と同じですが
完成がこちらになります。
d0212991_21275347.jpeg







# by TheMerryQuilters | 2019-02-14 21:23 | パターン | Comments(0)
パターンレッスン 「テネシーサークル」その1


カーブのあるパターンを縫うのは苦手と思っている方はたくさんいらっしゃいますよね。
でもポイントを抑えれば綺麗に縫うこともできます。

今回選んだのは比較的なだらかなカーブのパターン。
いくつか配色サンプルを。
d0212991_20565801.jpeg

d0212991_20580838.jpeg

d0212991_20593833.jpeg

d0212991_21004332.jpeg


今回も図案はテンプレート式でお渡ししますね。

d0212991_21024838.jpeg

それをあボール紙に貼り付けて縫い代線に合わせてカット。
d0212991_20435213.jpeg

布目に注意しながら型紙に合わせてロータリーカッターで切ります。
d0212991_20450956.jpeg


重ねて切ることもできるロータリーカッターはとても便利。
d0212991_20482105.jpeg

こんなふうに一気に切ることができます。
d0212991_20512176.jpeg

d0212991_20562528.jpeg


切ったものを並べて確認。
d0212991_20570402.jpeg

かたがみの縫い代部分を切り取ります。
d0212991_21055095.jpeg

全て切ったところ。
d0212991_21073388.jpeg


印付けはまとめて、サンドペーパーを貼ったキルトボードの上で。
私は2Bの芯の入ったシャープペンシルを使っています。
d0212991_21084121.jpeg


ペンシルの動かし方にもコツはあります。
布地の斜め部分も伸びやすいので
そんなところもレッスンで見ていただけるようにしたいと思います。

つづく。

# by TheMerryQuilters | 2019-02-14 20:42 | 作り方レッスン | Comments(0)
パターンレッスン ハート
d0212991_22173325.jpg

d0212991_22180687.jpg


# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 22:16 | パターン | Comments(0)

プラプレで小さなバッ...

プラプレで小さなバッグ。その7



持ち手のバリエーションはいろいろ。
どれにしようか迷います(o^^o)

あなたならどれにしますか?

仮に持ち手を付けてみました。
仮なのでサイズ的にはイマイチの物もありますが、皮って切ることも出来るので便利です。

布で作るのも良いけど、皮やテープを利用しても違った印象になりますね!

口側に小さなホックやマグネットを付けても○




d0212991_08213805.jpg

d0212991_08213922.jpg


d0212991_08241397.jpg


d0212991_08254908.jpg

d0212991_08254993.jpg


無心に組み立てられる作品もたまには良いかも。

プラプレ、いいでしょ?!(o^^o)


長々お付き合いありがとうございました!



# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 08:19 | 作り方レッスン | Comments(0)

プラプレで小さなバッグ。その6


巻きかがりで組み立てます。
丈夫なキルト糸1本どりで。
色々な色が混じっているので少し濃いめのベージュを使用しています。
絡みやスレを防ぐために糸の長さは短めに。

最初でつけ位置を間違えないように要注意‼︎

実は私も間違えそうになりました(>_<)

角角で角の手前と角の向こう側の2ヶ所で返し針をして
角がずれないようにとめてください。


中表にして表の手前のピースの縫い代側と向う側のピースの縫い代側をすくうイメージ。
しっかり糸を引かないとぱっくり合いてしまうので引きすぎない程度にしっかり糸引きしてください。

両側面を付けます。
d0212991_08171137.jpg

d0212991_08180908.jpg


あとは持ち手だけ!

つづく。
# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 08:19 | 作り方レッスン | Comments(0)
プラプレで小さなバッグ。その5


裏布をのせてこの字閉じ
またはくける。
d0212991_20181424.jpg

口側のみ1㎜控えてまつる。
周りは表と同じくなるように。
d0212991_00294950.jpg

六角形のキルトライン。
今回はそんなに大きくないのでこんな感じに。
プラプレに中心ラインを書き入れてめじるしにして
その点を結んでラインを引いています。

d0212991_12532946.jpg

ラインは2Bのシャープペンシルで。
d0212991_12540153.jpg

キルティング完成。
あ、並べ方間違ってる(⌒-⌒; )
d0212991_12545056.jpg

全体。
d0212991_08113480.jpg

キルティングする時に線が交わるところ針目はどうしていますか?

普段は全然気にせず色々になっているのですが(⌒-⌒; )
生徒さんがこだわりを持っている場合
このようにどちらの糸も出ないかどちらの糸も出るかをお勧めしています(^ ^)
d0212991_12581982.jpg


つづく。

# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 08:14 | 作り方レッスン | Comments(0)

プラプレで小さなバッグ。その4



プラプレ入れ、パーツごとにまとめたもののプラプレを外します。
これ、ちょっと快感ですよねー⁈(笑)

この時は目打ちで外していますが、
私は竹の丸い竹箸が1番好きです(笑)お試しを(^^)
d0212991_09394511.jpg
こうやって型を通したままにしておくと片付けの時にも簡単♪
d0212991_09403284.jpg
側面これで全部外したところ!
d0212991_09411842.jpg
つづく。





# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 01:16 | 作り方レッスン | Comments(0)

プラプレで小さなバッグ。その3

裏布やキルト綿を綺麗に切ることが仕上がりの差になりますので、ひと手間かけて型紙を作りましょう。縫い代は7㎜です。

d0212991_08365339.jpg
キルト綿のこのように切ります。
d0212991_08373479.jpg
余談ですが、私は布やキルト綿をカットした端布をビニール袋にまとめて入れておきます。
小さな作品を作るときはその端布の中から使えそうなものを選んで使います。
大事な存在なので最後まで使い切りたいものですよね。
もうこれ以上使えないと言う端いるのはクッションなどの詰め物などに使っています。
糸の切れはしも同様に詰め物に入れたりします。

d0212991_08381002.jpg
正確に切ったり1枚一緒に切ったりする時は、ロータリーカッターを使うと便利です。
重りを置いてずれないように丁寧に切りましょう。
凹みのところなどうまく切れない時もありますが、その時はきれていないところをハサミでカットします。


d0212991_08385376.jpg
切りにくいところはこういうところですよね。
写真型紙の丸い切り抜きは下
元から空いていたので気にしないでね(笑)

d0212991_08392841.jpg
型紙にこのように少し切り込みを入れておくと、
ロータリーカッターの刃が切り込みやすいので実験してみてください。
ロータリーカッターで裏布を切るとき今一緒に切ったり真ん中から折って一気に切ったりすることができるので、効率的に考えながら作業進められるといいですね。
d0212991_08512507.jpg
裏布を切って並べた様子です。
実物大型紙を使って、このようにきちんと印を入れておきましょう。
丁寧に作業すると仕上がりに差がつきますよ!
d0212991_08521041.jpg
写真ではよくわからないかもしれませんが凹んだ所の印の1㎜縫い代側の所に爪楊枝などを使って、ポチンとボンドを置いてほつれとめとします。
この場所はギリギリまで切り込むところなので、ここでも小さな一手間をかけておくと後々の作業がきれいに楽にできます。

d0212991_08525719.jpg
たった裏布の裏側にキルト綿を置いて固定します。
d0212991_08533528.jpg

私が端切れの中で見つけたのは両面接着芯だったのでアイロンで縫い代を折るとくっつきます(笑)
ここでも丁寧に縫い代を織り込みます。
気持ち小さくても大丈夫です。

d0212991_09025690.jpg
凹んだところは思い切って切り込みを入れます。
ボンドでとめた辺りまで。
d0212991_09032615.jpg
全部折ったところ。
d0212991_09040747.jpg

そしてデザインで大事なパーツ。
四角を4枚用意。
表と裏をあわせてくける。
d0212991_01043322.jpeg
折る時にエルダー糸またはメルター糸を使うと便利❣️
d0212991_01103425.jpeg




つづく。


# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 01:14 | 作り方レッスン | Comments(0)

プラプレで小さなバッ...

プラプレで小さなバッグ。その2


各パーツをつないだ様子。
d0212991_09160304.jpg

こんな風に段ごとにつないでからまとめます。
d0212991_09164865.jpg
段をまとめる時はつける場所を間違えないように注意してね❣️

プラプレが入っているのでクリップなくても繋ぎやすいですが、1ヶ所だけでもさいしょとめておくといいかもしれません。

私はひと針先の部分に針を入れ、玉どめしないやり方でとめてから縫い始めていますが、玉どめするやり方でもok❣️
d0212991_09173414.jpg
プラプレが入っているので中表にして縫うことはできませんが、裏側の縫い代を少しすくうような感じで縫うと、針目が表に出ないのでおススメです。
角角はしっかりとめること‼︎
d0212991_09182313.jpg


1番上の写真の裏側がこちら。
d0212991_06121359.jpg

ここまでできたら裏布とキルト綿を準備します。

つづく。

# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 01:08 | 作り方レッスン | Comments(0)
プラプレで六角形を生かしたバッグを作る。

d0212991_09174037.jpg


松浦香苗さんの「松浦香苗の針仕事」
という本に
編み物ではよく見る
六角形を繋いだ小さなバッグが載っています。

d0212991_07514606.jpg

とても素敵な本。
布もゴージャスでうっとりです。
是非お買い求めを\(^o^)/


「それを作りたいけど、なんとなくうまくいかない。」という生徒さんのリクエストにお答えして
プラプレで制作してみることに。

プラプレ、プラスチックプレート!
若山雅子先生のお店で売り出されたとき衝撃的に感動しました。

たくさん仕入れて生徒さんにもご紹介してきましたが、今はクロバーさんでも買えなくなりました。
残念。

糸をはずさなくても良いし、アイロンで縫い代を押さえなくても良いし、
縫い代の始末がとても楽で良いなぁと思います。

どうして販売しなくなっちゃったのかな?
少し前に聞いた情報なのでもしかしたら復活してる?と淡い期待は持っています。

プラプレは印付けは必要ありません。
六角形を切るときの型紙、縫い代7㎜を付けたものを作っておくと便利です。
d0212991_08033604.jpg


柄をうまく切り抜きたいときは型の中をくり抜いておきます。

d0212991_08050383.jpg

糸はまとめて通しておきます。
私は5本!
長さは60~80㎝にしています。
ピーシングもキルト糸を使っています!

糸通しは2種類持っています。
勘で通ることも多いですが(笑)

d0212991_08050354.jpg


手にはこの3つを付けています。
右利きなので、左手の親指にリングカッター。
右手の中指第二関節に皮の指ぬき。
人差し指に文房具のめくりん(笑)

d0212991_08125822.jpg



発売当初はまん中の穴に待ち針を刺し固定して縫いましたが、クリップで押さえるのが簡単でズレません。
私は小さなプラプレはクロバーさんのクリップを使いますが、この大きさは大きなクリップでがっしり(笑)押さえます。

d0212991_07540006.jpg


写真には1枚しかクリップで押さえていませんが、クリップがたくさんあれば、あるだけ押さえておきます。
パッチワークするとき、
まとめてできる作業はまとめて一気にこなすのが効率よく作るコツです!

プラプレはクリップ2つ使うとズレなくて縫いやすかったです!

これは一辺25㎜のプラプレ。
小さいのはクロバーさんのクリップや小さい物があると便利。

d0212991_07554547.jpg

d0212991_07554575.jpg

d0212991_07554637.jpg

d0212991_07554693.jpg

d0212991_07554613.jpg

こんな感じで作っておきます。

そして全てプラプレを入れた状態がこちら。

d0212991_08000675.jpg

その2につづく。






# by TheMerryQuilters | 2019-02-11 01:01 | 作り方レッスン | Comments(0)