The Merry Quilters merryquilt.exblog.jp

千葉県柏市と新潟県十日町市にあるパッチワークキルト教室The Merry Quilters のいろいろを載せています! 


by The Merry Quilters
プロフィールを見る
画像一覧
入っていたのは
・USAヴィンテージローン20種類以上40枚
・20㎝角の白いリネン
・作り方とアイディア
d0212991_6293248.jpg

1680円

立春ですね。
春を感じる布たちです。
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-02-04 06:30 | 布コレクション | Comments(0)
東京国際キルトフェスティバルで
何を買ったかって気になりません?(笑)

お買い物はなるべくしないようにと最近は心がけています。
だって布は飽和状態(笑)

でも買わずにいられなかったもの。
d0212991_12425270.jpg


アンティークの缶と小さな陶器は
最終日となって両方ともなんと200円!
缶の状態は食品や布などを入れるにはコンディションはよくないのですが
これにグリーンを飾ったら素敵かなと思って購入!
小さな陶器はクリスマスにキャンディなどを入れてモミの木に飾るオーナメントだそうです。
RAGON HOUSEのもの。

ピーシングペーパーに青系の布。

よく見たらフジックスさんの糸だったんだけど
木のスプールに巻かれたキルト用の糸2種。

ピンドットさんに売ってた
アンティークシアーの布をyo-yo-キルト用にカット済みの布。

黒羽先生が使っていた
腱鞘炎予防と痛みをやわらげる用のサポーター。
そして黒羽先生のお店で見つけたリッパー。
なんとこのリッパー手術用の道具だったそう。
今は縫合した後抜糸ってなくなっている(?)けど
抜糸の時に糸を切るための道具だったそうです。
持つ部分に自分の好きな布を巻いて使います。
まだ試していませんが
古い着物をほどく時には大変使いやすいそうです!

といった感じ。

皆さんはどんな掘り出し物を見つけたのでしょう?

教えてください!(^_^)
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-02-02 12:58 | キルトに関するあれこれ | Comments(0)
ちょうどデモンストレーションをしていた黒羽志寿子先生を発見!
まわりはかなりの方々でいっぱい。
お話もお聞きしたかったけど背の低い私には手元が見えないので(泣)
あきらめ後ろに回って見ると、
先生の帯はシルクのログキャビンの帯。
渋くて素敵!
d0212991_1157178.jpg

その黒羽先生の展示は井戸端のある懐かしい裏庭。
d0212991_1204566.jpg

キルトはもちろん素敵だったけど
展示の中で目を引いたのは
ドールハウス。
明治の頃のもの?先生が骨董屋さんで出会ったものだそうです!!
d0212991_1213978.jpg

それに合わせて作られた小さなこたつの風景
d0212991_1222917.jpg

こたつの上に上がっていたピンクッションはこの大きさ!
d0212991_1231048.jpg


アーミッシュの展示もホッとする空間でしたが写真をうまく撮れるところがなくて。。。
キルトは撮影禁止なんですけどね。
d0212991_12105648.jpg
d0212991_12111577.jpg


いつも作品がたくさんありすぎてじっくり
作品を見るようなまわり方はしなくなってしまったのですが、
興味のある作家さんのキルトはしっかりチェック(笑)
仲良しの若山先生の作品。
お店のブースでもお会いできていろいろお話をさせていただきました。
彼女の行っているピンクリボン運動のキルト作りを
お手伝いさせていただくことに。
手縫いのプレスドピーシングの手法をマスターしてみようかなと
それ用のピーシングペーパーとブルー系の布を購入。
d0212991_12135314.jpg


ピンクワーク?アンティーク風の刺繍が素敵な
こうの 早苗先生のキルト。
d0212991_1219497.jpg


写真も撮りきれないほどの素敵な作品を見ることができて
刺激をたくさんいただきました。

今回は10周年ということでいろいろな記念展示もありました。
まぁ、私がここで書かなくても
あれだけたくさんの方々が会場を訪れているわけですから(笑)

いろいろなキルトを見て
いろいろなものをチェックして
でも私の好きな物ってっこれだなぁって言えるものが
自分の中にあるなと気付いてちょっとほっとして(笑)

来年のキルトフェスティバルも楽しみにしていたいと思います♪
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-02-02 12:25 | キルトに関するあれこれ | Comments(0)
最終日にやっと行ってきました。
お出かけ続きでどうしようかと迷っていたところ
クリブキルトの若山雅子先生から突然のお電話♪
招待券まで送っていただき、
それじゃぁ行くしかないでしょうo(*^▽^*)o~♪

1月はお正月の関係で31日が柏レッスン。なので2泊3日の関東圏出張。

雪の影響で在来線の遅れから
新幹線も5分ほどの遅れで湯沢発。
(南魚沼市周辺はこんな感じ)
d0212991_10385593.jpg

いつも思うけど新幹線に乗って数十分で景色は一転、
雪はなし。
d0212991_1042281.jpg


28日になって招待券を更に3枚いただき
もったいないなぁとおもって夜生徒さん達にMailしたところ
Yさんがご一緒してくださることに。
10時過ぎ会場へ入るとすでに百恵さんのキルトの前は長蛇の列!
d0212991_10471753.jpg


今回はいつ行ってものこ前は混んでいたようです。
並ぶのがあんまり得意じゃないので間近で見ることは断念。
でもまぁ、百恵さらしい配色のキルトだなぁ~って印象でした。

百恵さんの先生の鷲沢玲子先生はリンゴの木のあるイギリス風。
d0212991_1050933.jpg

繊細なピーシングと丁寧なキルティングはさすがです。

隣は斉藤謠子先生のスウェーデンの素朴なフロントガーデン。
d0212991_10511055.jpg

小物類のピーシングも細かく
トープカラーが大人っぽい!

小関鈴子さんはエッフェル塔の見えるパリの中庭。
d0212991_1055314.jpg

コサージュ風のお花がとてもかわいかった!
大人かわいい配色や設定は
かなりツボでした♪
このコサージュ風のお花
60人くらいの方々が50個づつ作ったという?話も。。。

キャシー中島先生は色鮮やかなハワイ風でキラキララインストーンの飾りが
新鮮です!!
d0212991_10573735.jpg

このラインストーンを貼る道具
欲しくなりそう♪

つづく。
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-02-02 11:01 | キルトに関するあれこれ | Comments(0)

刺繍糸の整理

たくさんの種類の使いかけの糸
私はこんな風にして整理しています。
d0212991_542296.jpg

仕切られたケースに合わせて
4㎝角に切ったボール紙をこんなふうに切って
使いかけの糸を巻いておきます。

ほんとはもっとかわいい形に切りたいんだけど
かなりの数を切るので
簡単できちんと糸をホールドできる形に。

きれいに整理すると気持ちいいし
見ていてうっとり♪(笑)
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-01-16 05:46 | お裁縫道具やパーツなど | Comments(0)
2000年にヒューストンに行った時買ってきたステンシル型。
d0212991_2338044.jpg

一緒に撮ったシンブルの大きさから小ささがわかっていただけるかしら?
とても細かいデザインなので
きれいにステンシルすることができません(泣)
どなたかきれいにステンシルする方法ご存知でしたら教えてください!!

このままブックマークやストラップとか
別の使い方考えた方がいいかなぁ。
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-01-14 23:39 | キルトに関するあれこれ | Comments(0)
1月は12月にレッスンした
キルターのためのペイントレッスンの手法を
布作品にした物をご希望の方に作っていただきます!

ミニフレームのキルトトップ2点出来上がりました。
始めれば早いんだけどなかなか手につかず。。。

今回はベリーのサンプラーです。
d0212991_1713037.jpg


このキルトトップはこの道具で描きました。
d0212991_17133381.jpg

右からライナー筆
先が丸くなっている竹の丸い箸
まちばり
つまようじ
消しゴム付き鉛筆
ステンシルスポンジブラシ
Bのステンシル型
(これに0.5の黒と茶のピグマペンが必要です!)

ブルーベリーは竹の箸で
ブラックベリーとラズベリーなどは
消しゴム付き鉛筆の
消しゴム部分で!
葉っぱ類やワイルドストロベリーは
筆で
キルターなので苺はアップリケ。
茎の部分は刺繍になっています。

絵具はトールペイント用のアクリル絵の具です。

1月レッスンでこれを描こうと思っている方は下記をご用意ください。
☆描く布
☆下書きトレース用2Bの芯の入ったシャープペンシル
☆ライナー筆かラウンド筆、カンマストローク筆など。
☆竹の箸または少し太めの丸いお箸など。
☆まちばり
☆つまようじ
☆ステンシル筆
☆筆拭き用のぼろ布
☆机が汚れないようにする新聞紙などの敷物
☆洋服が汚れないようにエプロンやアームカバーなど。
なおないものはお貸しします。
絵具はこちらで用意しますが
使いたい色があったらお持ちください!

これにキルティングをしてフレームで仕上げます。
20㎝角フレームと
パノラマフレーム用です。

完成作品は
多くの著名なペインターの先生がたくさん参加する
ドリームズ・イン・アナトリアに(怖いもの知らず(笑)?!)
展示します。

ペインターではないのでじっくり描くことはしませんが
身近なもので簡単に描くことができるということと
ちょっとここに色が欲しいんだけどという時に
布に色を足すこともできるということを
体験していただきたいと思います。

アクリルなのでちょっとゴワゴワ感はありますが。。。
アイロン定着でOK!
気になる場合は布用の定着剤をアクリルに混ぜて使うといいです。

では今月は19日と31日のレッスンになりますが
よろしくお願いします。

なお、このレッスンを見学してみたいとおっしゃる方!
どうぞ遠慮なくいらっしゃってください!
描いてみたいとおっしゃる方!
どうぞ体験しにいらっしゃってください♪
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-01-11 18:31 | レッスン作品新作 | Comments(0)

実用的ティーコゼーは…

紅茶やハーブティなどお茶を楽しむ機会の多い我が家。
ティーコゼーは必需品!のはずが
なかなか専用を作ることができずにいました。
毎日使うティーコゼーは絶対着せ替え式で作る(笑)!
と構想はあったものの。。。
とりあえずまた図案描きもたくさんあるので
着せ替え式の中身だけ制作(笑)
d0212991_1612973.jpg

キルト綿を二重にし、ワッフル地で表と裏を作って
かなりしっかり保温できそうです。
表のデザインをどうするかはゆっくり考え
裾の始末だけして
きっととりあえずこのまま使い始めるんだろうなぁ~(・・。)ゞ
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-01-08 16:01 | 暮らしの中の小さな手作り | Comments(0)
今年はちょっとゆるんでいたきを引き締め
キルト作りにまつわるいろいろなこと、
ちょっとステップアップできるように
地道に更新していきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします!

d0212991_5464132.jpg

この布は昨年の秋にうさぎやさんで出会った
日本がアメリカに輸出していた布のサンプルです。

IMPORTED BY. N.V. BORSUMY
MADE IN OCCUPIED JAPAN
TOYO SPINNING CO.,LTD

とプリントしてあります。
エキサイト翻訳すると

輸入します。 N.V.BORSUMY
占領下日本で、作られています。
TOYO紡績会社

この布を売ってくださった方によると
こうやって輸出された期間は短いので
この次にこういう布が競りに出るかどうかはわからない。。。ということ。
お値段も意外とお安く
ちょっとまとめて購入しました。
そのうちの1枚。

昨年「断捨離」という言葉がはやりましたね~。
私もものを整理するには
まず頭の中をものが整理できるように暗示掛けないと(笑)と思い
ドミニック・ローホーさんの「シンプルに生きる」っていう本を買って読んだりして
ここまでシンプルには絶対無理だなぁ(苦笑)とあきらめつつ
ものが多い割には物を探す時間を短縮できるようになるといいなぁと
いろいろ工夫しています。

布はもうかなりストックがあるので
考えて考えて考えて必要な布を買おうと
心がけているのですが(笑)
布とは出会い!と言われると買っちゃいますね~((^┰^))ゞ

買ったら形にしないと!!!

忘れずに1年突っ走りたいと思います。
キルト作りをより楽しんでいけるように
今年も頑張りたいとおもいますm(._.)m
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2011-01-02 05:47 | 布コレクション | Comments(0)
ちょこっと大掃除を毎日すこすづつ。。。(笑)
2階の食器棚を整理していると
大好きなお皿が出てきました。

親戚の家の蔵を壊す時に出てきたお皿。
(夫もこの家に住んでいたことがあったのですが。。。)
なんとパッチワークパターンのひとつ
「ドレスデンプレート」の柄。
d0212991_7503716.jpg


この頃はまだお嫁に来たばかりだったので
あれもこれも欲しいと言えなかった(笑)
その頃にこの2枚が私の手元に。

もうかなり前になくなってしまったこの家
この家に私も住んでみたかったなぁ。。。
[PR]
# by TheMerryQuilters | 2010-12-24 07:54 | キルトに関するあれこれ | Comments(0)